メールワイズから G Suite(Google Apps)に移行したときのメモ

職場で、サポート対応など複数人で共有して対応するメールはメールワイズを利用していました。

G Suite(Gmail, Google Groups, Google Apps)導入に伴い、

メールワイズから G suite に移行したときのメモです。

Google Groups

新旧対応表

メールワイズでいうこれは、Googleグループのこれ。

担当者 → 割り当て
未処理 → そのままになってるの
処理済み → 対応不要、完了
フォルダ → タグ

主な注意

メール作成時、グループの「代表者として投稿する」を使うこと。
※これを初期値にできるといいのですが、そういう設定がない。

メールワイズはメール単位で処理するところが、
Googleグループではタグやステータスがトピック単位なので
慣れてください。

他に変更点

Googleのグループでメールアドレス作れるようになったので、
例えばFAXは分離して fax@softelexample.jp に届くように変更。
営業の新規問い合わせは sales@example.jp で対応するよう変更。
など、を用途に応じて作成して、担当部署で処理してもらうように変更した。

迷惑メールが減る。

★処理するべきメールが減る★

メールワイズはこの後どうなるか

ライセンスが切れると、送受信ができなくなるが、受信済みのメールは閲覧可能。

過去の履歴は閲覧できるので、ライセンス切れでもしばらく動かしておける。