ランダムな文字列15文字のtwitterアカウントについて

最近、ランダムな文字列のtwitterアカウントをよく見かけるので調べてみると、

アカウント作成のときに、twitterが
ランダムな文字列15文字のアカウントを付与してくる場合があるようです。

そこでさっそくアカウント作成して、本当かどうか確認してみると、

twitterでアカウント新規作成

 ↓ ↓ ↓

twitterが15文字ランダムアカウントを作ってくれた

確かに、twitterさんが15文字ランダムアカウントを作ってくれました!

twitterが15文字ランダムアカウントを作ってくれた

なお、

・英数字のユーザー名を入力すると、そのユーザー名にちなんだ名前にされます。

例)test → test1234

・ランダムな英数字のIDが付与されるのは、日本語など英数字でないユーザー名を入力したときのようです。

・スマホアプリでアカウントを作ると、ユーザー名を自分で入力しなくてはならないので、ランダムIDにはならないようです。

・PCや、スマホのブラウザから会員登録したとき、ユーザー名を入力しない、ユーザー名を英数字にしないことで、ランダムIDが振られます。