ミルラ(マー/没薬《もつやく》)

英名:Myrrh
学名:Commiphora myrrha
Commiphora abyssinica
科名:カンラン科
産地の例:エジプト、ソマリア、モロッコ
抽出部位:樹脂
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:クミンアルデヒド、リモネン、ピネン、オイゲノール
ノート:ベースノート
使用上の注意:特になし。

新約聖書のイエス・キリスト誕生物語で、フランキンセンスとともに捧げられた香りです。
古代エジプトでは、優れた殺菌作用を利用してミイラづくりに使用していました。
気分を落ち着かせ、やる気を引き出す力があるといわれています。

ミモザ

英名:Mimosa
学名:Acasia decurrens
科名:マメ科
産地の例:フランス
抽出部位:花
抽出方法:溶剤抽出法
成分の一例:アニスアルデヒド、酢酸エチル
ノート:ベースノート
使用上の注意:香りが強いため、使用量に注意してください。

古代から現代に至るまで香料として需要の高い香りです。
優しく甘い花の香りが、傷ついた心を慰めてくれます。
脂性肌のトラブルを抑える働きがありますが、
その甘美な香りからフレグランスとして古くから利用されています。

マンダリン

英名:Mandarin
学名:Citrus reticulata
科名:ミカン科
産地の例:イタリア、スペイン、シシリー島
抽出部位:果皮
抽出方法:圧搾法
成分の一例:リモネン、γ‐テルピネン、α‐ピネン
ノート:トップノート
使用上の注意:皮膚刺激があるので、使用量に注意してください。
       光毒性があるため、使用後は直射日光を避けてください。

日本では「ぽんかん」の名で知られています。
他の柑橘類に比べ作用が穏やかで、光毒性の心配も少ないといわれています。
優しい香りで、フェイシャルケアやうつをやわらげるために用いられています。

ベンゾイン(安息香)

英名:Benzoin
学名:Styrax benzoin
Styrax tonkinensis
科名:エゴノキ科
産地の例:タイ、インドネシア、ベトナム、ラオス
抽出部位:樹脂
抽出方法:溶剤抽出法
成分の一例:バニリン、桂皮酸エステル、安息香酸エステル
ノート:ベースノート
使用上の注意:人によってはアレルギー反応を起こすことがあるの注意してください。

バニラのような甘い香りがします。
心を穏やかにして緊張した神経を緩めてくれます。
固くなった肌を柔らかくしてくれるので、かかとやひじなどのスキンケアに最適です。

ベルガモット

英名:Bergamot
学名:Citrus bergamia
科名:ミカン科
産地の例:イタリア、モロッコ、チュニジア
抽出部位:果皮
抽出方法:圧搾法
成分の一例:酢酸リナリル、リモネン、リナロール
ノート:トップノート
使用上の注意:皮膚刺激があるので、使用量に注意してください。
       光毒性があるため、使用後は直射日光を避けてください。

名前はベルガモットの木が最初に栽培されたイタリアの小都市、ベルガモに由来しています。
リフレッシュ作用により気分を回復させ、食欲不振を改善してくれます。
脂性肌のスキンケアにも力を発揮します。

ペパーミント

英名:Peppermint
学名:Mentha piperita
科名:シソ科
産地の例:アメリカ、イギリス、オーストラリア
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:l‐メントール、l‐メントン、1,8-シネオール、イソメントン
ノート:トップノート
使用上の注意:皮膚刺激があるので、使用量に注意してください。
       妊婦と授乳中は使用を控えてください。

清涼感ある香りで、頭をすっきりさせ気分を爽快にさせます。
刺激作用が眠気や吐き気、時差ぼけ以外にも、頭痛や花粉症のあらゆる症状を改善してくれます。
冷却作用があるので、打ち身などの急性の症状に用いることができます。

ベチバー

英名:Vetiver
学名:Vetiveria zizanioides
科名:イネ科
産地の例:インド、タヒチ、ハイチ
抽出部位:根
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:ベチベロール、ベチボン、ベチベロン、ベチベン
ノート:ベースノート
使用上の注意:特になし。

土のような香りが特徴です。他の精油に加えると香りを長く保つことができます。
強い鎮静作用があり、ストレスと緊張に対する万能薬だといわれています。
虫除け効果が高く、東南アジアの国々ではブラインドや帽子などの日用品に用いられています。

フランキンセンス(オリバナム/乳香)

英名:Frankincense (Olibanum)
学名:Boswellia carterii
Boswellia thurifera
科名:カンラン科
産地の例:ソマリア、エチオピア、イラン
抽出部位:樹脂
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:α‐ピネン、リモネン、シメン
ノート:ベースノート
使用上の注意:特になし。

新約聖書のイエス・キリスト誕生物語の中でささげられた香りです。
心身の浄化をし、呼吸をゆっくりとさせ強迫観念を和らげてくれます。
肌には収れん作用と皮膚細胞の再生を促す作用が知られ、しわやたるみの改善に役立ちます。

ブラックペッパー

英名:Black Pepper
学名:Piper nigrum
科名:コショウ科
産地の例:インド、マレーシア、マダガスカル
抽出部位:果実
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:カリオフィレン、α‐ピネン、ファルネセン、リモネン
ノート:ミドルノート
使用上の注意:皮膚刺激がありますので、使用量に注意してください。

ペッパーはサンスクリット語のpippaliに由来しています。
刺激作用が血行を促進し、代謝を促してくれます。
便秘を解消し消化を助けたり、呼吸器系を強化させる働きもあります。

フェンネル

英名:Fennel sweet
学名:Foeniculum vulgare
科名:セリ科
産地の例:イタリア、地中海地方
抽出部位:種子
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:トランスアネトール、リモネン、フェンコン
ノート:トップ~ミドルノート
使用上の注意:乳幼児、妊婦、授乳中は使用しないでください。
       長期間の使用は避けてください。

日本では「ウイキョウ」とも呼ばれています。
甘くスパイシーな香りが食欲を増進させ、消化を促してくれます。
むくみや皮下脂肪による肥満を改善したり、肌を清潔に保ち、丈夫にしてくれるので、
マッサージオイルに最適です。
月経前のイライラを沈めたり、ストレスからくる吐き気や便秘にも効果があります。