Amazon Echo dot 初期不良の例

2021/11/29 ブラックフライデーでやたらと安かったので AmazonEcho dot を買った。

通常 4,980円 → セール 1,490円

配達も早くて2日後に手元に届いた。

セットアップがうまくいかない

さっそくセットアップを進めるも、無線が1回でつながらないなど、何かおかしい

電源が入らないなどわかりやすい初期不良ではなかったので、ここから数時間試行錯誤することになった。

最初はセットアップができたように見えて、Alexaアプリから見るとオフラインになった。

Wi-Fiにつながっていないらしい。

Echo dot のほうは、最初のうちは電源を抜き差しして改めてセットアップモード(オレンジのランプが回っている状態)になるが、

何かスムーズに進まない。

何度か最初からやり直すのだが、そのうち電源を抜き差ししてもセットアップモードにならなくなってきた。

青いランプ(回らない)がついたまま動きがない

アクションボタン長押し15秒とか25秒でリセットらしいので押してみても反応がない。

マイクミュートのボタンだけは反応があるが、ボタンが赤くなるだけでランプは青いまま。

……

ここであきらめて電源を抜いて一晩おく

……

翌日再チャレンジ。

電源を入れるとスムーズにセットアップモードになった。

セットアップがうまくいったように見えて、5分ぐらい Amazon music を流せたのだが、

突然セットアップモードに戻り、オレンジのランプが回っている状態になった。

もう一度セットアップの手順を繰り返したが、無線の接続などがうまくいかず、そのうち前日と同じく青いランプ(回らない)が点灯したまま動かなくなった。

ヘルプを見ても回らない青ランプの状態は記載がない。

サポートに連絡 → 交換

初期不良かもなあと思い始めて、セットアップはあきらめて、サポートに連絡することにした。

問い合わせページで電話をお願いすると、すぐ電話がかかってきた。

最初は自動音声。すぐかかってくるのは自動化されてるからみたい。「現在1分待ち」とのアナウンスがあり、それほど待たずにすぐ窓口の人につながった。

窓口の人に状況を説明。

ある程度状況の確認やアカウントに端末の登録ができているかなどの確認はあったが、

アクションボタン長押しで何の反応もないのが明らかにおかしいのか、交換することになった。

交換の流れ

その後の対応も書いておくとこんな感じ。

返品の送り先や返品受付IDなどがメールで送られてくる。

不良の商品のほうは元の箱に入れて(Echo dotなら水色の一辺10cmの立方体の箱)、エアパッキンでぐるぐるっと巻くぐらいはして、郵便局から着払いで送り返した。

交換品は0円の注文が作られて問い合わせた翌日に発送された。

さらにその次の日の午前中に交換品が到着。(置き配指定していないのに置き配されてたけど)

交換品を開封してセットアップを開始すると、あっさり成功。

どうしてもスムーズにいかないときは初期不良かもしれませんね。

思えば最初に届いたEcho dot は妙にカビ臭かったので、保管場所かロットが違う個体だったのかもしれません。交換品は変なにおいはしませんでした。

送り返した Echo dot のほうは、3日ぐらいして「返品を受け取りました」のメールが届きました。無事受け付けてもらえました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です