プロポリスとは・購入方法

プロポリスとは、ミツバチが集めたハーブや樹木の新芽と、自らの酵素成分を含む唾液を混ぜあわせて作った固形の物質であり、ミツバチはこのプロポリスを巣の外壁や隙間に塗りつけ、ウイルスやバクテリアなどの進入や巣内で死んだ昆虫などの腐敗を防ぎ、巣内を清潔に保っています。プロポリスの語源は一般にギリシャ語といわれており、プロ(PRO)というのは「防ぐ」「守る」という接頭語で、ポリス(POLIS)は「都市」を意味しています。ここでいう都市とはもちろんミツバチの巣のことを示します。すなわち巣房をプロポリスでコーティングし消毒することによって、雑菌などの侵入を防ぐことから「プロポリス」と名付けられたといわれています。

プロポリスの成分は、種々の植物の樹脂とミツバチ自らの唾液とが混ぜ合わせて作られるため非常に複雑です。元となる植物の種類や産地の違いにも大きく左右されますが、おおまかな割合では、植物樹脂が55%、ろうが30%、芳香性精油が10%、花粉が5%という成分構成となっています。さらに細かな分類では、フラボノイド類、テルペン類、酸類、エステル類、アルコール類、アルデヒド類、フェノール類、各種アミノ酸、酵素、ビタミン、多糖類、ミネラルなど300種類以上の生理学的活性がある成分を含む事が分かっています。

クマル酸やアルテピリンCなどの有機酸、ケルセチンなどのフラボノイド類、テルペノイド類、ビタミン類、ミネラル類など多くの成分を含みます。

まあなんか元気に過ごせるらしいです。

なお、100円ショップのダイソーで、20日分という表示の小袋が100円で売られてました。ここから試してみるのもよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です