ポップアップテントがまっすぐ立たないときの対応方法

ポップアップテント、安いですよね。
ホームセンターでも3000円台などで買えます。

広げたり畳んだりしているうちに、
立たせても片方に偏ったり内側にしぼんだままになって
きれいに立たなくなることがあります。
もしかしたら新品を広げた時から歪んでいることもあるかもしれません。

これは、ポップアップテントの骨が、太さ一律の単純なワイヤーではなくて、きしめんのような幅広の骨で、途中でねじれていると形が崩れるためです。
(折れている場合は別です。どうしようもないです。)

どうやって正常な状態に戻すか

このねじれ方なら戻せますよね。

骨に沿って触りながらねじれている場所を探します。

必ず2か所ねじれているはずなので、ねじれている場所が位置的に離れていたら、骨をねじりながら、ねじれている2か所をテントの右面か左面のどちらかに持っていきます。

ねじれた2か所を近づけていって、
最後は何というかねじれた輪ゴムが戻るときみたいにぐるんと
内側か外側に回して直ります。

ポップアップテントのたたみ方

畳み方がよくわからないということで悩むこともありますが、これは何度か練習して慣れるしかないかなと思います。

「たたんでまず三角形にして、下側の辺を手前において固定して、頂点部分を手前に折りたたみつつ、両脇に来た辺の部分を巻き込む」というやり方がありますが、

一度にワイヤー二本分を折りたたんでいくのは最初は難易度が高い気がします。

「たたんで三角形にして、頂点部分を手前において、片面ずつ、底辺部分を手前に折りたたみつつ、両脇に来た辺の部分を巻き込んでたたむ」のほうが簡単かもしれません。

3回ぐらい広げて畳んでをして、「ああそういうことね」と体感するまでは、なかなかピンと来ないと思います。

輪ゴムで表現するとこんな感じです。

これを片面ずつ裏返しながらたたんでもよいし、両面を一気に丸めてたたんでもよいということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です