コスパのいい大豆製品はどれか?

豆腐とか炒り豆などよく食べるのですが、どれがコスパがいいのかな?と考えたのでメモ。

タンパク質換算で考えると

栄養

豆腐 100g タンパク質 4.9
納豆 100g タンパク質 17g
炒り大豆(きなこ) 100g タンパク質 たんぱく質37.5g

価格

豆腐 300g 36円
納豆 135g 50円
炒り大豆 100g 100円

100円換算

100円で買える量に換算すると

豆腐 1kg → タンパク質 49g
納豆 270g → タンパク質 45.9
炒り大豆 100g → タンパク質 37.5g

考察

2倍も3倍も差があるわけではないので、普通の値段のものなら、好きな形態のものを食べればいい。

人によって食べやすいものと食べにくいものがあると思う。

炒り豆は口の中の水分をかなり持っていかれるので、量を食べるのには向いていない気がする。

豆腐は食べやすいけれど、それでも3パック食べるのはつらいと思う。

案外どれを選んでも食べられる量は似たようなものかもしれない。

素煎り大豆は保存がきくし、量を調整しやすいのがいい。

炒り大豆はそのまま食べるのがつらくなってきたので、タッパーに入れて酢に浸して、酢大豆にしたらおいしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です