円すい型ペーパーフィルター(コーヒー用)どれが良い?

なぜ円すい形を使っているのか?

なぜかうちにあるコーヒーのドリッパーが円錐形なのです。

なぜ円すい形を選んだのかはもうわからないですが、円すい形です。

なぜかです。偶然です。

そんなにこだわり、ポリシー、根拠があるわけではないです。

昔、台形のも使っていたのですが、陶器のになったり、プラスチックのになったり、持ち手が割れたり、いろいろあって、たまたま今は円すい形です。

形は好きですけどね。

円すい形の悩み

円すい形のデメリットに以下の点があります。

  • ペーパーフィルターの価格が若干高い(台形と比較して)
  • ペーパーフィルターを売っているところが少ない(台形と比較して)

台形のほうがメジャーなのでどこでも売っていてやや安いのでしょう。

円すい形のシェアが増えてくればもうちょっと安くなるのかも。

今後に期待です。

円すい形用のフィルターを探す

そういうわけで円すい形を使っている前提で、円すい形用のコーヒーフィルターを探していました。

意外なことに100円ショップでも売っていて、探してみるとAmazonでもいい勝負の値段で売っていました。

100円ショップ

いきなり100円ショップからですが、Made in Japan の案外(失礼)まともな製品です。

まあこれでよいのではと思う。

1-4杯用。ダイソーの円すい形はこれしかなさそう。

後述するHARIOの1-4杯用と同じ大きさ。

台形のフィルターは、ペラペラのもの、しっかりしたものなど、値段によって紙質の違いを感じることがあるが、円すい型はそこまで粗悪品が出回っていないのか、安かろう悪かろう感はない。

100枚あたりに換算すると税抜き250円→ 税込み275円。

HARIO 1-4杯用

業務スーパーでも見かけるHARIO製品だが、Amazonのほうが安かった。

100枚で286円。100円ショップといい勝負。

安心できるメーカーの製品が100円ショップと大差ない価格で買えるならこれもあり。

HARIO 1-2杯用

1-2杯用というのも存在して、1-4杯用よりもうちょっとお買い得。

40枚入りで113円。100円ショップより3円高いだけ。

Amazonの買い物のついでがあるなら、これがいい。

1-4杯用と1-2杯用の違い、ダイソーとHARIOの違い

1-2杯用と1-4杯用の違い、メーカーの違いが気になって、

3つそろえてみた

100円ショップの1-4杯用とHARIOの1-4杯用は同じ大きさ

HARIOのほうは、私は必要ないのだが持ち手がついている。

丁寧というか、コストダウンの余地ありというか。

1-2杯も小さくない

一人で飲むだけなら1-2杯用でよかった。

左が1-2杯用、右が1-4杯用。ちょっと小さい?程度の差。

ドリッパーに入れるとどんな感じかというと、こうなる。

1-4杯用ははみ出るぐらいの余裕の大きさ。

1-2杯用は、ドリッパーより小さいけど、1杯、2杯入れる分には全く問題ない大きさ。むしろ1-4杯用のはみ出るサイズはもったいない気もしてくる。

というわけで、うちで使うのは1-2杯用でよかった。

安いし、今度からこれにする。

ダイソーの通販はこちら https://jp.daisonet.com/products/4549131933512

100円ショップのものとの大きさの違い、1-4杯用か1-2杯用かの疑問が解決したのでよかった。

写真も付けておいたので、よろしければ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。