オートミール美味しい(食べ方に注意)

オーツ麦

オートミールが意外とおいしかったです。

もともと玄米ご飯を食べている人なら抵抗ない気がします。

コーンフレーク感覚で考えると食べ方を間違います

牛乳をかけてそのまま食べるなどすると、かなり食べづらいしおいしくないと思います。

オートミールとは?

オートミール(oatmeal)とは、燕麦(エンバク)を脱穀して調理しやすく加工したもの。オートムギ、オーツ麦、オートとも呼ばれる。

燕麦を押し潰すかカットした加工品をオートミールと呼ぶ。また、粥状に調理したものを指す。

たいていは、いわゆる「押麦」の状態の燕麦のこと。

オートミールの何が良いの?

オートミールは燕麦の糠、胚芽などの部分が無精製で含まれる全粒穀物。玄米みたいなやつです。精白した穀類よりも食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富。低GI食品。

燕麦はもともと馬のエサにもされていたもので、食用にするのは一部の地域だったといいますが、馬が元気になる食べ物なので、人が食べても元気になっちゃうよと。

基本の食べ方

お湯やスープなどでふやかしておかゆっぽくして食べるのが正解です。

時間はかかるけれど省エネなのは、器にオートミールを入れ、お湯をひたひたか少し多めに入れ(オートミールにかなり吸われるので)、10分~30分ほど放置してから、仕上げに電子レンジでちょっと加熱する方法。しっかりやわらかくなると思います。

お急ぎであれば、最初から電子レンジで数分加熱するとよいです。あまり強く加熱し続けると吹きこぼれてあふれてくるので注意しましょう。

さらに時間がある場合や、前日から仕込んでおける場合は、水、牛乳、豆乳、ヨーグルトなどの水分と一緒にしたオートミールをそのまま一晩冷蔵庫などで置いておくと、しっかりふやけてよいでしょう。

グラノーラのような商品とは違って、そのままボリボリ食べるには向きません。

オートミールそのものは砂糖は一切含みません。甘くないのがいいところ。ふやかしただけならおかゆのように食べられます。甘味が欲しい場合ははちみつやジャム、果物などを入れましょう。

オートミールの種類

各メーカーのものやオーガニック表示のあるものなどいくつか食べ比べてみましたが、正直なところあまり違いが判りませんでした。

粒が大きい、細かい、噛み応えがある、どろどろになりやすいなど、違いはあると思いますが、味はそんなに違わないと思います。

ごくまれにオーツ麦の堅い殻が残っていることがありますが、これもいくつかのメーカーで同じでした。

ほどほどにお値打ちで安心感のあるQUAKERの大容量のでいいと思います。(2018年に買った時は4.52kgで2199円だったのですが、値上がりしてます。安心できそうな商品は値上がり傾向。そして見たことがないメーカーの安価な商品が出てくるようになりました。)

ちなみに、クエーカーのオートミールのパッケージの白髪の男性はラリーという名前です。ラリーおじさんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です