お年玉とは

由来

お正月の楽しみである「お年玉」。そのお年玉の由来とは

年玉とは年の神様の心霊を意味しています。

お年玉の始まりは鎌倉時代のころからで、そのころはお年玉として金銭を子供にあげることではなかったようです。

歳時記によれば元来、年頭にはその心霊を授かって新たな生命力を得る儀式を行っていたのです。

神様からもらった魂を、目上の者が目下の者に分け与えるのが、本来の年玉でした。

例えば家長から家族へ、店の主人から使用人へ渡したりしていました。

外国では

お年玉らしき習慣はアジアの諸国でも旧正月に子供にお金などを与える。

中国では年始に大人が子供にお金を与えることで子供を無事に育て、その一年を平穏無事に生活できるという信仰から来ている。

もちろん、日本でもお年玉は気になるテーマ。身近な習慣で、新年早々、良かれと思ったお年玉で常識を疑われるようでいけません

お年玉の渡し方

由来は、玄関に白い石を置き、その中に神様からの魂を入れて分け与えていました。次第にその石が丸い餅になり、現在のお金へと変化していったのです。

両親やお年寄りなど年長の人にお年玉を渡す場合は、「御年賀」と表書きしましょう。

通常、お年玉をあげるのは、親戚関係やごく親しい間柄の子供となります。

年齢に見合った金額を用意します。

相手が子供ならおもちゃや絵本など、お菓子など品物を渡しても良いでしょう。

上司の子供にお年玉

たとえ子供でも、上司の家族に「お年玉」をあげるのは失礼にあたるため、「お年玉」を渡す必要はありません。

何か差し上げたい場合には「玩具料」「文具料」などの名目で渡します。

子供は大喜びでも、上司の家族に部下が金品を渡すのは失礼だととる方もおります。臨機応変に対処したほうがいいでしょう。

包む袋などがない場合は

手持ちのティッシュペーパーでも構いません。手持ちの紙に包み、ポチ袋がない無礼を詫びて渡しましょう。

売買以外のお金は包んで渡すものなので、裸で渡してはいけないのです。

お年玉袋の包み方

お年玉袋へ何気なく、お金を入れるのではなく、お金の入れ方にもマナーがあります。

マナーきちんと覚えておきましょう。お年玉のみならず様々なケースで役立ちます。

基本は、袋を開けたときに紙幣が開きやすいことと、紙幣も硬貨も裏返しでなくキチンと表を向いていることです。

祝い事には、紙幣はしわくちゃでなく、できるだけ新札を準備します。

*不祝儀の場合は逆に、新札は使用しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です