一つのGmailアドレスで複数のアドレスを作る方法

ご存じの方も多いかもしれませんが、
Gmailでは一つのアドレスに少し細工をするだけで
複数のアドレスを用意ことができます。

例えば、
example@gmail.com
というアドレスなら、ドットを入れることで
いくらでもアドレスを作ることができます。

e.xample@gmail.com
ex.ample@gmail.com
e..xa.mple@gmail.com
e…xam.pl.e@gmail.com

本来は一つのアドレスなので、
同じ受信トレイに届くわけですが
どこかに登録する時は別アドレスとして認識されるわけです。

同一アドレスを登録できないウェブサービスなどで
利用する際に便利ですね。

他にもこんなのがあります。
example+magazine@gmail.com
example+hoge@gmail.com
example+fuga@gmail.com

アドレスの後に「+」を付け、
その後に英数字を入れます。

「+」の後にサービスやメルマガ名を付けておくと、
アドレスが不正利用された時に出元を確認するのに便利です。

さらに便利なのが、フィルタを設定しておけば
あらかじめ通知内容ごとにメールを自動で振り分けできるので、
後からメールのラベル付をしたりする手間が省けます。

よろしければ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です